ミスタードーナツの飲み物はなぜ高いのか?(後編)

ドトールにしてもスタバにしてもけっこう混んでいて、店によっては座れない時間帯のが多いくらいだ。まあ、スタバは全席禁煙なので店に入りたくはないのだが。そこで私は考えた。

     テイクアウトは安く、店内で飲むときは高く、値段の差を付けるべきだ

つまり店内で飲む場合はテーブルチャージを取っても良い。逆にテイクアウトはもっと安くして欲しい。会社のそばにあるというだけの理由で毎朝スタバでトールラテを買うが340円は高い。店内で優雅に朝刊を広げてコーヒーを飲んでいる人と、あわただしく買って帰る私が同じ値段というのは納得いかない。そう思ったとき、私の長年の疑問であるミスドの飲み物はなぜ高いかの理由がわかった。

     ミスドの飲み物はテーブルチャージが含まれている

店内でドーナツを食べる場合は必ず飲み物が必要だ。ハンバーガーは飲み物無しで食えてもドーナツはきつい*1。そしてあの妙に高いコーヒーの料金はテーブルチャージなのである。そう考えれば予算300円なら、買って帰ればドーナツ3個、店内で食うとドーナツ1個とコーヒー1杯。このバランスは納得できる。すると最悪な買い方はミスドでコーヒーだけをテイクアウトすることだ。

     「コーヒーひとつ。テイクアウトで」

こういう客が現われたら、カウンタの中にいる店員は全員が凍り付く。奥で食器をしまっていた人は皿やカップを床に落とす。注文を受けた店員は目を見開き口はわなわな震える。そしてこう言うはずだ。

     「お、お客様...ご冗談を...」

それでもかたくなにコーヒーだけを持って帰りたいというと青ざめた顔でカップを袋に入れる。家に帰って袋を開けるとポイントカードが10枚くらい入っているはずだ*2

*1:じゃがいも特訓の木野まこと状態だ

*2:ないない